遊ぶ

食べる

買う

高千穂牧場の動物たちTHE ANIMALS ON THE FARM

高千穂牧場には様々な動物たちがいます。動物園よりも近くでみることができ、動物ふれあいランドや体験コーナーで、皆さまにお会いできるのを楽しみにしています。

ジャージー牛ジャージー牛

イギリス・ジャージー島が原産のジャージー牛。ホルスタイン種にくらべて小柄な体格ながらバターやクリームの原料にぴったりの、高品質で濃厚な乳が特徴の乳牛。

牧草をもりもり食べて元気に育ちます。
大きくてくるっとした瞳と人なつこい性格で、つい触れてみたくなるかわいさです。
褐色の体色もチャームポイント。牧場でのんびりとくつろぐ姿は、遠くからでもよく見えます。

世界中で飼育され、デンマークなどの乳製品づくりがさかんな地域では、よく親しまれています。

日本では明治時代から飼育が確認されますが、特に広く飼育されるようになったのが1954年~59年頃。
草地農業を盛り上げる国の政策の一つとして、約2万5000頭が輸入されました。
その後、乳牛としてはホルスタイン種の人気におされ、現在では飼育頭数の少ないめずらしい乳牛となっています。

高千穂牧場のおいしい乳製品づくりには、ジャージー牛たちの存在が欠かせません!

乳搾り体験はこちら

ガーンジー牛ガーンジー牛

イギリス・ガーンジー島が原産のガーンジー牛。ジャージー牛と同様、濃厚な乳が特徴の乳牛。乳脂肪分の高さから、少し黄色みがかった乳は、その色からゴールデンミルクと呼ばれています。薄茶色と白のまだらの毛色、ちょっぴりとぼけた感じの顔です。

ホルスタイン牛ホルスタイン牛

日本で乳牛といえばホルスタイン種。ドイツホルスタイン地方が原産といわれています。石けんの箱でおなじみの白黒の毛色がトレードマーク。体も大きく、お乳もたくさん出します。

羊ひつじ

牧場には、白い顔のコリデール種と黒い顔のサフォーク種がいます。どちらも毛と肉をとるための兼用種。人なつこく、人間とのふれあいも上手です。春にはかわいい子羊が生まれます。

馬

牧場には、ポニー種がいます。すこし小柄な馬なので、小さなお子様でも親しみやすさがあります。小学生低学年の方までの乗馬体験ができます。

乗馬体験はこちら

うさぎうさぎ

モフモフした毛並みがかわいいうさぎたち。大好物の草や野菜を毎日もりもり食べています。ぴょこぴょこ元気に跳ね回ったり、赤い目をうとうとさせてじっとお休みしていたりと、しぐさもかわいさNo.1のうさぎたちです。

ヤギヤギ

メェー、メェーと元気よく鳴きながら近寄ってくるヤギたち。耳としっぽをピョコピョコとしながら走る姿が、とってもかわいいのです。